Blog&column
ブログ・コラム

海上輸送の流れは?

query_builder 2022/02/15
コラム
united-states-suwanee-work-hard-work

今回は海上輸送の流れをご紹介していきます。

▼海上輸送のメリット・デメリット
海上輸送には、さまざまなメリットやデメリットがあります。

■メリット
海上輸送のメリットは、物を大量に運べることです。
1度に大量に運べるということは、輸送費も安くなりますね。

■デメリット
航空機で輸送する場合に比べると、海上輸送は時間がかかります。
航空機では最短1日で目的地に物を送れますが、海上輸送だと2か月ほどかかる場合も。
日持ちしない食品などを海から運ぶのは難しいでしょう。

▼海上輸送の流れ
海上輸送の流れを簡単に見ていきましょう。

■貨物をトラックで運ぶ
貨物をコンテナに積み込み、トラックで運びます。
■輸出通関をする
コンテナを船に乗せるには、書類を提出して通関をクリアしなくてはなりません。
■コンテナを船に積み込む
大型のクレーンを使ってコンテナを船に載せます。
■輸送する
目的地への「直行便」もあれば、途中でコンテナを別の船に積み替える「経由便」もあります。
■積み降ろし
目的地へに船が到着したら、大型クレーンでコンテナの積み下ろしをします。
■輸入通関
今度は輸入通関を行ないます。
輸入は輸出よりも通関の基準が厳しくなります。

▼まとめ
海上輸送は、国内輸送よりも手続きが多くなります。
信頼できるフォワーダー(荷主と契約して貨物輸送を行なう業者)を見つけることが、海上輸送成功の秘訣です。
岐阜県羽島市の大島商事株式会社は、創業から50年を超える生コンの輸送業者です。
セメントや砂、砂利などの販売もしておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 男女問わず事務員を募集しております。

    query_builder 2021/02/24
  • プラントとは?

    query_builder 2022/08/02
  • オフィスの事務でネイルはどこまでOK?

    query_builder 2022/07/01
  • 事務員はどんな髪型が良い?

    query_builder 2022/06/03
  • 生コン車(ミキサー車)の積載量は?

    query_builder 2022/05/05

CATEGORY

ARCHIVE