Blog&column
ブログ・コラム

生コンの積み込み作業を近くで見たい方におすすめの仕事とは

query_builder 2021/09/01
コラム
machine-forklift-logistics-transport

生コンクリートを積み込んだり運んだりという現場は、非常にダイナミックで面白いものです。
でも、「体力や免許がないから現場に関わる仕事には就くことができない」と思っている方もいるでしょう。
このような場合は、「事務員」という働き方を目指してみてはいかがでしょうか。
今回は、生コンクリートを扱う会社の事務員について解説します。

▼生コン会社には事務員が必要
生コンクリートを扱う会社の花形ポジションと言えば、やはりドライバーです。
大きなトラックを操って生コンを積み込み、運ぶ姿は非常に格好良いですよね。
しかしドライバーが安心して働くためには、事務所で働く「事務員」の存在も欠かせません。

事務員の仕事は?
生コンを扱う会社の事務員の仕事も、基本的には他の企業の事務員と同じです。
業務内容のデータ入力や資料作成、電話や来客の対応などが中心になります。
月給は22万円からで、年2回の賞与あり、昇給や有給休暇、特別休暇もありますので、普通の会社員と同じように働くことができるでしょう。
大島商事株式会社でも、上記のような条件で男女ともに40代までの事務員を募集しています。

■生コンの積み込み作業を間近で見られる
事務員が働く場所は室内が基本ですが、敷地内には生コンを扱うトラックが常駐しています。
仕事の合間には、ドライバーが運転している姿や生コンの積み込み作業を間近で見ることができますよ。
こうした風景は他の仕事をしていてはなかなか目にすることができませんので、土木作業に興味がある方にとってはたまらないでしょう。

▼まとめ
同じ「事務」の仕事でも、興味関心のある業界で働くことができればそれだけで毎日が楽しくなります。
生コンがお好きな方はぜひ事務員として働いていただき、ドライバーの安全や健康を支える手助けをしてください。

NEW

  • 男女問わず事務員を募集しております。

    query_builder 2021/02/24
  • 生コンの用途を把握して事務員としてのスキルを上げよう

    query_builder 2021/10/15
  • 生コンの材料は何?

    query_builder 2021/10/01
  • 生コン会社の事務員は製造工程にも関われる?

    query_builder 2021/09/15
  • 生コンの積み込み作業を近くで見たい方におすすめの仕事とは

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE